本文へスキップ

株式会社月寒製作所は札幌市清田区の会社です。

TEL. 011-881-1116(代)

〒004-0871 札幌市清田区平岡1条5丁目2番1号

会社方針CONCEPT

会社方針

   「信頼の経営」


CEOメッセージ

「信頼を礎に優れた製品を市場に提供する」
    
    
企業理念の再構築を全社員と共有する。


会社沿革

昭和36年2月
資本金1,250万円を以って札幌市月寒に設立。
昭和37年11月
電気用品製造免許、事業登録(札)第6号にて札幌通商産業局より許可。
昭和43年9月
資本金1,500万円に増資。
昭和46年4月
関連会社を吸収合併し、三事業部制(配電・原料・砕石)とし経営基盤強化につとめ、機構改革をなした。
昭和46年9月
資本金2,250万円に増資。
昭和46年9月
新社屋・工場の新設し現在地に移転。需要拡大すべく新工場にて生産を開始。
昭和48年3月
資本金3,375万円に増資。
昭和49年9月
苫小牧市に原料事業部関連工場を新設し、銅合金二次精錬部門に進出。
昭和52年2月
原料事業部苫小牧工場に銅線リサイクル工場を新設。
昭和53年2月
資本金4,000万円に増資。
昭和53年2月
配電盤事業部本社工場に新鋭タレットパンチプレス等施設導入。
昭和57年3月
資本金5,000万円に増資。
平成2年2月
キュービクル式非常電源専用受電設備(屋内・屋外用500kVA)型式認定取得。
平成2年12月
キュービクル式非常電源専用受電設備(屋内・屋外用150KVA)型式認定取得。
平成3年8月
現在地に新工場を建設し、レーザー加工システム及び立体倉庫システムを導入。
平成5年2月
一種耐熱型分電盤型式認定取得。
平成7年9月
設計・製造用コンピューターを更新し、生産性の向上に努めた。
平成9年4月
社団法人公共建築協会「建築材料品質性能評価書」取得。
平成9年9月
原料事業部苫小牧工場に銅線リサイクル新設備を導入。
平成13年7月
北海道知事許可により産業廃棄物処分業に進出。
平成14年4月
社団法人日本配電盤工業会「JSIA優良工場」に認定される。
平成22年6月
資本金6,000万円に増資。
平成23年10月
第1回無担保社債(5,000万円 年限7年)発行。
平成23年10月
資本金6,300万円に増資。
平成24年3月
第2回無担保社債(5,000万円 年限4年)発行。
        

バナースペース

株式会社 月寒製作所

〒004-0871
札幌市清田区平岡1条5丁目2番1号

TEL 011-881-1116(代)
FAX 011-882-4439